コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伺う ウカガウ

デジタル大辞泉の解説

うかが・う〔うかがふ〕【伺う】

[動ワ五(ハ四)]《「窺う」と同語源。目上の人のようすをうかがいみる意から、その動作の相手を敬う謙譲語となる》
聞く」の謙譲語。拝聴する。お聞きする。「おうわさはかねがね―・っております」
尋ねる」「問う」の謙譲語。「この件について御意見をお―・いします」
訪れる」「訪問する」の謙譲語。「明朝、こちらから―・います」
神仏の託宣を願う。「御神託を―・う」
《「御機嫌をうかがう」の意から》寄席などで、客に話をする。また、一般に、大ぜいの人に説明をする。「一席―・う」
[可能]うかがえる
[補説]最近、「伺う」の意味は、3の「訪れる」のみとして、1の「聞く」、2の「尋ねる」の意では使わない人が増えている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うかがう【伺う】

( 動五[四] )
〔「窺うかがう」と同源〕
「聞く」「尋ねる」の謙譲語。(目上の人の話などを)お聞きする。(目上の人などに)お尋ねする。 「その事について-・いたいのですが」
神や仏のお告げなどを求める。伺いを立てる。 「神意を-・う」
「訪問する」の謙譲語。訪問する先の人を敬っていう。参上する。 「今度お宅へ-・います」
〔「御機嫌をうかがう」の意から〕 寄席よせなどで、客に面白く話をする。 「一席-・う」
[可能] うかがえる
[表記] うかがう(伺・窺
「伺う」は「聞く・尋ねる・訪問する」のへりくだった言い方。「お話を伺いたい」「今度お宅へ伺います」「一席伺う」  「窺う」は“のぞいてみる。そっと様子を見る。機会をねらう”の意。「家の中を窺う」「上役の鼻息を窺う」「好機を窺う」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伺うの関連情報