訪れる(読み)オトズレル

デジタル大辞泉「訪れる」の解説

おと‐ず・れる〔‐づれる〕【訪れる】

[動ラ下一][文]おとづ・る[ラ下二]《「音れる」の
人やある場所をたずねる。問する。「新居を—・れる」
季節やある状況がやって来る。「夏が—・れる」「やっと平和が—・れた」
音や声を立てる。
ころは卯月十日あまりの事なれば、雲井に郭公二声三声—・れてぞ通りける」〈平家・四〉
便りをする。手紙を出す。
「いと恥づかしくて、え—・れやらず」〈紫式部日記
[類語]訪ねる訪問見舞う伺うお邪魔おとな上がる歴訪来る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android