残映(読み)ざんえい

精選版 日本国語大辞典「残映」の解説

ざん‐えい【残映】

〘名〙
※随筆たぬき汁(1941)〈佐藤垢石〉みやこ鳥「日が暮れるのに間もあるまい。残映が、山の上の帯のやうに長い雲をぼんやりと紅く染めてゐる」
② かつてはなやかであったものの名残。「残映をとどめる」
※恋人たちの森(1961)〈森茉莉〉「錆びた黄金色の大きなの前で、夫人の残映のやうな若さの名残りは時を刻み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報