夕影(読み)ゆうかげ

精選版 日本国語大辞典「夕影」の解説

ゆう‐かげ ゆふ‥【夕影】

〘名〙
方の日。夕暮れ時のほのかな日の光。夕日。夕陽(せきよう)。また、夕方。夕暮れ時。⇔朝影
※万葉(8C後)八・一六二二「が屋戸の秋の萩咲く夕(ゆふかげ)に今見てしか妹が姿を」
俳諧・常盤屋の句合(1680)一〇番「夕影や色落すしその露おもみ」
② 夕日に照らされた物の姿。夕日を受けた中に見えるもの。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「若く盛りなる大将たち、左右の近衛づかさ、むまづかさをひきて、遊びて、殿へ入り給ふ。ゆふかげせちなること限りなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報