(読み)どう

精選版 日本国語大辞典「堂」の解説

どう ダウ【堂】

[1] 〘名〙
土台の上に高く作った建物。客に接したり、礼楽を行なったりするものについていう。表御殿。正殿。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「堂弐口 一口金堂〈略〉一口食堂」
② 神仏をまつる建物。
※書紀(720)推古一四年四月(岩崎本室町時代訓)「時に仏の像、金堂の戸よりも高くして堂に納(いる)ること得ず」
③ 朝廷で、長官の執務する所。
④ 公会堂・議事堂、また劇場など、多人数が集会する建物。
※おとづれ(1897)〈国木田独歩〉上「堂(ダウ)をもるるは渠(かれ)の美はしき声」
[2] 〘接尾〙 屋号・雅号、または建造物の名前などに添えて用いる。「静嘉堂」「大雅堂」「哲学堂」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「堂」の解説

どう〔ダウ〕【堂】

[名]
古く接客や礼式などに用いた建物。表御殿。表座敷。
神仏を祭る建物。
多くの人が集まる建物。
[接尾]店の名や雅号・建物の名などに付けて用いる。「大雅」「哲学

どう【堂】[漢字項目]

[音]ドウ(ダウ)(呉)
学習漢字]5年
表御殿。表座敷。「堂上正堂
神仏を祭ったり、人が多く集まったりする大きな建物。「堂宇会堂学堂講堂金堂(こんどう)聖堂禅堂殿堂仏堂本堂満堂
住まい。居室。「草堂尊堂
他人の母に対する敬称。「母堂北堂
大きくりっぱなさま。「堂堂
[名のり]たか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【寺院】より

…仏教の宗教活動の中心となる建物およびその所在する領域(境内)。精舎(しようじや),僧伽藍(そうぎやらん)(伽藍(がらん)),仏刹(ぶつさつ),寺(てら)などとも呼ばれ,仏舎利をまつる塔,仏像や諸尊像をまつり仏事供養を行う諸堂,僧侶の修行のための諸施設,布教のための諸施設などを含む。
[インド]
 仏教寺院は,釈迦が比丘(びく)たちの修行のため,雨季に一定の土地を画して(結界)止住させた(安居(あんご))ことに始まる。…

※「堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android