コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ドウ

3件 の用語解説(堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どう〔ダウ〕【堂】

[名]
古く接客や礼式などに用いた建物。表御殿。表座敷。
神仏を祭る建物。
多くの人が集まる建物。
[接尾]店の名や雅号・建物の名などに付けて用いる。「大雅」「哲学

どう【堂】[漢字項目]

[音]ドウ(ダウ)(呉)
学習漢字]4年
表御殿。表座敷。「堂上正堂
神仏を祭ったり、人が多く集まったりする大きな建物。「堂宇会堂学堂講堂金堂(こんどう)聖堂禅堂殿堂仏堂本堂満堂
住まい。居室。「草堂尊堂
他人の母に対する敬称。「母堂北堂
大きくりっぱなさま。「堂堂
[名のり]たか

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どう【堂】

[1][0] ( 名 )
神仏をまつる建物。
多くの人の集まる建物。
客に接したり、礼楽を行なったりする所。正殿。
( 接尾 )
屋号・雅号、または建物の名などにつけて用いる。 「静嘉-」 「哲学-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【寺院】より

…仏教の宗教活動の中心となる建物およびその所在する領域(境内)。精舎(しようじや),僧伽藍(そうぎやらん)(伽藍(がらん)),仏刹(ぶつさつ),寺(てら)などとも呼ばれ,仏舎利をまつる塔,仏像や諸尊像をまつり仏事供養を行う諸堂,僧侶の修行のための諸施設,布教のための諸施設などを含む。
[インド]
 仏教寺院は,釈迦が比丘(びく)たちの修行のため,雨季に一定の土地を画して(結界)止住させた(安居(あんご))ことに始まる。…

※「堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堂の関連キーワード沿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堂の関連情報