民草(読み)たみくさ

精選版 日本国語大辞典「民草」の解説

たみ‐くさ【民草】

〘名〙 人民にたとえていった語。あおひとぐさ。民の草葉
※四季物語(14C中頃か)六月「此の神、くさのをつかさどらしめ、又いやし給ふはんの御誓ひしるければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「民草」の解説

たみ‐くさ【民草】

人民を草にたとえた語。あおひとぐさ。
「無智盲昧の―の疑い怪しむ」〈杢太郎南蛮寺門前
[類語]国民人民公民市民万民ばんみん四民臣民同胞国人くにびと国民くにたみたみ億兆おくちょう蒼生そうせい蒼氓そうぼう赤子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android