蒼生(読み)そうせい

精選版 日本国語大辞典「蒼生」の解説

そう‐せい サウ‥【蒼生】

〘名〙 一般の人々。たみ。国民人民青人草(あおひとぐさ)
※行基大僧正墓誌(高瀬氏蔵)‐天平二一年(749)三月二三日「是以天下蒼生、上及人主
平家(13C前)七「蒼生を利せんがために」 〔書経‐益稷〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蒼生」の解説

そう‐せい〔サウ‐〕【×蒼生】

多くの人々。人民。あおひとぐさ。蒼氓そうぼう
[類語]国民人民公民市民万民ばんみん四民臣民同胞国人くにびと国民くにたみたみ民草たみくさ億兆おくちょう蒼氓そうぼう赤子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「蒼生」の解説

【蒼生】そう(さう)せい

人民。〔晋書王衍伝〕山濤~之れ(王衍)をりて曰く、何物老嫗ぞ、(ねいけい)(かくの如き)兒を生める。然れども天下生をは、未だ必ずしも此の人に非ずんばあらずと。

字通「蒼」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android