四民(読み)しみん

精選版 日本国語大辞典「四民」の解説

し‐みん【四民】

〘名〙 人を身分、職業により四つに分けて総称したもの。封建時代の士・農・工・商の四階級の称。転じて、あらゆる階層の人々。国民
※続日本紀‐霊亀元年(715)五月辛巳「又四民之、各有其業
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)日光「今此御光一天にかかやきて、恩沢八荒にあふれ、四民安堵の栖(すみか)、穏(おだやか)なり」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「目今御新政の有がたいことにゃア四民(シミン)同一自主自立の権を給はり」 〔書経‐周官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四民」の解説

し‐みん【四民】

近世封建社会での、士・農・工・商の四つの身分・階級。転じて、あらゆる階層の人間。→士農工商
「—同等の今日とても地下じげと雲上の等差ちがい口惜し」〈露伴・風流仏〉
[類語]国民人民公民市民万民ばんみん臣民同胞国人くにびと国民くにたみたみ民草たみくさ億兆おくちょう蒼生そうせい蒼氓そうぼう赤子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の四民の言及

【士農工商】より

…江戸時代の社会を構成した主要な身分である武士,百姓,職人,商人を指す言葉。四民ともいう。元来は中国の古典に起源する言葉であるが,近世の国制を中国古代の封建制になぞらえて理解しようとした儒学者などによって使用されたのをきっかけに,江戸時代の国家,社会に関する支配イデオロギー上の重要なキーワードとして広く一般に使用されるようになった。…

※「四民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android