コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四民 シミン

デジタル大辞泉の解説

し‐みん【四民】

近世封建社会での、・商の四つの身・階級。転じて、あらゆる階層の人間。→士農工商
「―同等の今日とても地下(じげ)と雲上の等差(ちがい)口惜し」〈露伴・風流仏〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しみん【四民】

封建時代の身分階級である士・農・工・商の四階級の人々。
すべての階層の人々。国民。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四民の言及

【士農工商】より

…江戸時代の社会を構成した主要な身分である武士,百姓,職人,商人を指す言葉。四民ともいう。元来は中国の古典に起源する言葉であるが,近世の国制を中国古代の封建制になぞらえて理解しようとした儒学者などによって使用されたのをきっかけに,江戸時代の国家,社会に関する支配イデオロギー上の重要なキーワードとして広く一般に使用されるようになった。…

※「四民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四民の関連キーワード美国四民乱放記ひこーき雲佐藤賤民・賎民自然真営道道二翁道話正司考祺封建時代寒川辰清四民月令四民平等高田盧竹壬申戸籍西川如見中江兆民参行禄王都鄙問答伊藤参行解放令町人嚢河原者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android