コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民選議員 ミンセンギイン

デジタル大辞泉の解説

みんせん‐ぎいん〔‐ギヰン〕【民選議員】

国民が選挙によって選んだ議員

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みんせんぎいん【民選議員】

国民の選挙によって選出された議員。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民選議員
みんせんぎいん

国民によって直接に選挙された議員をいう。第二次世界大戦前の日本では、皇族・華族・勅任の議員で構成された非民選的な貴族院を設け、民選議員からなる衆議院の勢力を抑制する政治方式をとった。戦後の国会は、衆参両議院とも、成年男女の普通選挙に基づいて選挙された民選議員から構成される。イギリスの上院(貴族院)は非民選議員からなるが、今日では下院(庶民院)の権限が絶対であり、民主国家といえる。[田中 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

民選議員の関連キーワード議員の公募制度インド統治法参議院田中議会国民

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android