コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民選議員(読み)ミンセンギイン

大辞林 第三版の解説

みんせんぎいん【民選議員】

国民の選挙によって選出された議員。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民選議員
みんせんぎいん

国民によって直接に選挙された議員をいう。第二次世界大戦前の日本では、皇族・華族・勅任の議員で構成された非民選的な貴族院を設け、民選議員からなる衆議院の勢力を抑制する政治方式をとった。戦後の国会は、衆参両議院とも、成年男女の普通選挙に基づいて選挙された民選議員から構成される。イギリスの上院(貴族院)は非民選議員からなるが、今日では下院(庶民院)の権限が絶対であり、民主国家といえる。[田中 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android