コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南高北低型 ナンコウホクテイガタ

百科事典マイペディアの解説

南高北低型【なんこうほくていがた】

夏型とも。日本を中心として見た場合,南の方に高気圧があり,北の方に低気圧や前線のある天気図型。夏,次いで春に多い。気温の上がる型だが,北方の前線付近では天気が悪く気温も低くなりやすい。
→関連項目天気図型

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

なんこうほくていがた【南高北低型】

日本付近の気圧配置型の一。気圧が、南方洋上で高く、北方で低くなっていて、夏に多い。南よりの季節風が卓越する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の南高北低型の言及

【日本列島】より

…このようになれば,日本付近は安定した小笠原高気圧に覆われて梅雨明けとなる。(7)南高北低型(夏型) 小笠原高気圧(太平洋高気圧)が広く日本付近を覆い,大陸が低圧部となる気圧配置を南高北低型または夏型と呼ぶ。本州東方海上の高気圧が西に張り出して日本付近を覆うときは東高西低型ということもある。…

※「南高北低型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南高北低型の関連キーワード天気図季節風

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android