気類(読み)きるい

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐るい【気類】

〘名〙
① 物と物との間にはたらく目に見えない力の類。〔文明本節用集(室町中)〕
② (天地の気をうけたたぐい。なかまの意から) 万物。人と物との総称。〔鍾会‐与将斌書〕
③ 似かよった仲間。また、気のあう友。
江戸繁昌記(1832‐36)初「琉璃界の花を把て、肥粉娼婦に比す、気類に非る也」 〔曹植‐求通親親表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android