水の子(読み)みずのこ(英語表記)The Water-Babies

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水の子
みずのこ
The Water-Babies

イギリスの作家チャールズ・キングズリーが「陸の子供のためのフェアリー・テイル」A Fairy Tale for a Land Babyの副題を付して1863年に出版したファンタジー。煙突掃除の少年トムが、誤って川に落ちて水の子に変わり、水の世界でさまざまな教えを受け、真の救いを求めて遍歴する空想の物語。進化論と信仰との融合の努力が生んだ水の子の着想が、子供のための空想の物語を、昔話的なものから小説的なものに発展させたと評される。また、作者の内面の反映である肉体と精神の葛藤(かっとう)を暗示しているともいわれる。[神宮輝夫]
『阿部知二訳『水の子』(1952・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みず【水】 の 子(こ)

盆の供物の一つ。茄子(なす)、南瓜(かぼちゃ)、里芋などを賽の目に刻み、墓や盆棚に上げるもの。水の実。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android