コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水中毒 みずちゅうどくwater poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水中毒
みずちゅうどく
water poisoning

水を多飲して他の溶質,特にナトリウムとのバランスがくずれたとき,腎機能が正常であれば重症になることはないが,慢性腎炎尿崩症などでは,めまい吐き気,嘔吐,下痢,けいれんなどを起して,頭痛や昏睡をきたす症状をいう。血液は希釈され,赤血球,血漿蛋白,電解質,粘稠度などが低下するが,浮腫は生じない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みず‐ちゅうどく〔みづ‐〕【水中毒】

抗利尿ホルモンの分泌過剰などのため、体内に水が過剰に停滞し、体液が薄められて浸透圧が低下した状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずちゅうどく【水中毒】

水が体内に過剰にたまり、体液が薄められて浸透圧が低下した状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水中毒の言及

【水分平衡】より

… 水分の代謝が妨げられると,種々の障害が現れる。過度の水分蓄積では血液希釈,浸透圧下降となり,細胞内へ水が浸入し,細胞の膨潤が起こり,やがて機能障害(これを水中毒という)を起こす。一方,水分不足では血液濃縮,血漿量減少,血圧下降などの循環障害や種々の中枢神経障害症状が起こる。…

【水分平衡】より

… 水分の代謝が妨げられると,種々の障害が現れる。過度の水分蓄積では血液希釈,浸透圧下降となり,細胞内へ水が浸入し,細胞の膨潤が起こり,やがて機能障害(これを水中毒という)を起こす。一方,水分不足では血液濃縮,血漿量減少,血圧下降などの循環障害や種々の中枢神経障害症状が起こる。…

※「水中毒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水中毒の関連キーワードADH(抗利尿ホルモン)分泌異常症酢酸デスモプレシン抗利尿ホルモン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水中毒の関連情報