コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾く(読み)カワク

デジタル大辞泉の解説

かわ・く【乾く】

[動カ五(四)]
物に含まれている湿気・水分がなくなる。ひる。「洗濯物が―・く」「―・いた空気」
感情や生気が感じられなくなる。うるおいに欠ける。「―・いたうつろな

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわく【乾く】

( 動五[四] )
水分・湿気がなくなる。 「洗濯物が-・く」 「空気が-・く」 「思ふ涙にそぼちぬる袖は-・かじ/古今 離別
人間みがなく、冷淡な感じを与える。 「 - ・いた心」
[慣用] 舌の根の乾かぬうち
[表記] かわく(乾・渇)
「乾く」は“水気がなくなる。うるおいがない”の意。「洗濯物が乾く」「舌の根の乾かぬうち」「乾いた心」  「渇く」は“水が欲しくなる。欲望が満たされない”の意。「喉のどが渇く」「親の愛に渇く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乾くの関連情報