コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水戸線 みとせん

2件 の用語解説(水戸線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水戸線
みとせん

小山 (栃木県) -友部 (茨城県) 間を走る鉄道。 JR東日本。全長 50.2km。友部からは常磐線に乗入れて水戸へいたる列車が多い。 1889年開通。元は水戸鉄道。さらに日本鉄道との合併を経て 1906年国有化。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水戸線
みとせん

東日本旅客鉄道の線路名称。小山(おやま)(栃木県)―友部(ともべ)(茨城県)間50.2キロメートル、全線単線、交流電化(小山駅構内のみ直流電化)。水戸鉄道(第一次)によって1889年(明治22)開業したもので、1892年日本鉄道に合併、1906年(明治39)国有化、1909年水戸線と称された。沿線に結城(ゆうき)、筑西(ちくせい)、笠間(かさま)などの都市がある。かつて常磐(じょうばん)炭田から積み出された石炭はこの線を経由して京浜地区に輸送されていて、1967年(昭和42)に電化された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。列車の一部は友部より常磐線に乗り入れて、水戸、ひたちなか方面に直通する。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水戸線の関連キーワード茨城県桜川市友部友部〈町〉茨城県笠間市南友部栃木県小山市暁栃木県小山市飯塚栃木県小山市乙女栃木県小山市小山栃木県小山市鏡栃木県小山市外城栃木県小山市梁

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水戸線の関連情報