コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水戸線 みとせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水戸線
みとせん

小山 (栃木県) -友部 (茨城県) 間を走る鉄道。 JR東日本。全長 50.2km。友部からは常磐線に乗入れて水戸へいたる列車が多い。 1889年開通。元は水戸鉄道。さらに日本鉄道との合併を経て 1906年国有化。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水戸線
みとせん

東日本旅客鉄道の線路名称。小山(おやま)(栃木県)―友部(ともべ)(茨城県)間50.2キロメートル、全線単線、交流電化(小山駅構内のみ直流電化)。水戸鉄道(第一次)によって1889年(明治22)開業したもので、1892年日本鉄道に合併、1906年(明治39)国有化、1909年水戸線と称された。沿線に結城(ゆうき)、筑西(ちくせい)、笠間(かさま)などの都市がある。かつて常磐(じょうばん)炭田から積み出された石炭はこの線を経由して京浜地区に輸送されていて、1967年(昭和42)に電化された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。列車の一部は友部より常磐線に乗り入れて、水戸、ひたちなか方面に直通する。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水戸線の関連キーワード東日本旅客鉄道北関東自動車道協和(茨城県)岩瀬(茨城県)大和(茨城県)東関東自動車道茨城県笠間市茨城県筑西市笠間(市)新治郡衙跡大和[村]新治廃寺跡結城廃寺跡寺野東遺跡桜川(市)水戸(市)小山(市)JR小山駅結城[市]友部[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水戸線の関連情報