コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐線 じょうばんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐線
じょうばんせん

日暮里 (東京都) から水戸,平を経て岩沼 (宮城県) にいたる鉄道。 JR東日本。全長 343.1km。東北本線,奥羽本線と並ぶ東北縦貫幹線鉄道の1つ。日本鉄道によって 1898年全通。 1906年国有化,87年4月民営化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

常磐線【じょうばんせん】

日暮里(にっぽり)〜岩沼(宮城県)間ほか2支線(7.3km)のJR線。営業キロ350.4km。日本鉄道が磐城(いわき)線として建設,1898年田端〜岩沼間全通,1905年日暮里〜三河島間の短絡線が完成,1906年国有化。水戸,日立,いわきなどの諸都市を連ね,東北本線とともに関東・東北地方の表日本縦貫線の一つ。1967年全線電化。下り長距離列車は東北本線上野駅始発のものが多い。土浦までは首都圏の通勤路線となり,一部で東京メトロ千代田線との相互乗入れも行われる。東日本大震災と,それに伴う福島第一原子力発電所の放射性物質漏えい事故の影響により,2012年4月現在も福島県から宮城県にかけての一部区間で不通となっており,居住地域の集団移転などとともに線路の移設を含め運行再開へ向けた検討が行われている。
→関連項目小名浜磐越東線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうばんせん【常磐線】

東北本線日暮里駅(東京都)を起点とし,水戸付近から太平洋沿岸を北上,東北本線岩沼駅(宮城県)に至る343.1kmのJR東日本の営業線。ほかに三河島~南千住間等7.3kmの支線があり,総営業キロは350.4km。おもな経由地は土浦,水戸,日立,いわきの各市である。東北本線とともに表日本の縦貫線的な役割をもつ幹線で,日暮里~岩沼間全体が東北本線の複線的役割も果たしている。距離的には東北本線より長いものの,線路の勾配など運転上有利な点が多く,東北本線の電化前は青森方面への夜行寝台列車で常磐線経由で運転されるものが多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常磐線
じょうばんせん

東京都日暮里(にっぽり)から千葉県北西部、茨城県中央部を通り、福島県東部を経て宮城県岩沼(東北本線)に至る東日本旅客鉄道(JR東日本)の線路名称。日暮里―岩沼間343.7キロメートルおよび三河島(みかわしま)―南千住(みなみせんじゅ)間5.7キロメートルと三河島―田端(たばた)間1.6キロメートルの貨物線からなる。日暮里―四倉(よつくら)間、広野―木戸間、大野―双葉(ふたば)間が複線化され(複線化率71.2%、2015)、取手(とりで)―藤代(ふじしろ)間の交直流切替セクションを境として、以北が交流、以南が直流電化されている。東京―仙台付近間の太平洋岸沿いに走る幹線鉄道で、東北本線のバイパス的な役割をもつ。急勾配(きゅうこうばい)区間がないため、かつては東北方面への特急、急行列車は、距離が若干長くなるにもかかわらず、常磐線経由で運転されるものが多かったが、東北本線の電化後はその輸送力が強化されて、その意味での常磐線の役割は終わり、また、常磐炭田の終幕によって石炭輸送にも終止符が打たれた。沿線には、松戸、柏(かしわ)、我孫子(あびこ)、取手、牛久(うしく)、土浦、石岡、水戸、ひたちなか、日立、北茨城、いわき、原町、相馬(そうま)などの都市がある。
 日本鉄道が田端―岩沼間を1895~1898年(明治28~31)に開業し(ただし、友部―水戸間は1889年水戸鉄道により開業、1892年日本鉄道に合併)、1905年(明治38)に旅客列車専用の日暮里―三河島間を建設して、1906年国有化された。電化は東京近郊国電区間として、1949年(昭和24)から上野―取手間で電車運転が行われ、1961~1972年に取手以北が交流電化された。また、1971年綾瀬(あやせ)―我孫子間が複々線化されて、営団地下鉄(現、東京メトロ)千代田線との間に相互乗り入れ運転が行われ、1982年取手まで延長された。1987年、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に伴い、JR東日本に所属。2011年(平成23)3月の東日本大震災により、一部区間で壊滅的被害が発生したが、同年中に多くの区間が復旧した。2017年2月時点では、竜田(たつた)―小高(おだか)間が不通となっている。2015年3月の上野東京ライン開業により、一部列車が品川まで乗り入れを開始した。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の常磐線の言及

【日本鉄道会社】より

…華士族の財産(金禄公債など)を鉄道に投資することにより,彼らの物質的地位の安定,ならびに沿線の産業開発をはかることを目的に,岩倉具視らが中心となって,1881年に設立された。当初は全国的な規模での鉄道建設を計画したが,実際に建設したのは現在のJRの高崎線(1884年に上野~高崎間が全通),東北本線(1891年に上野~青森間が全通),常磐線の大部分(1898年に上野~岩沼間が全通)などであった。これらの建設にあたっては,政府は国有地の無償貸下げ,8%の配当保証,用地の国税免除,工部省鉄道局による工事の施行や用員の訓練・補充など,手厚い保護・助成を与えた。…

※「常磐線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

常磐線の関連キーワードかすみがうら[市]つくばエクスプレス宮城県岩沼市南相馬[市]ひたちなか市茨城県取手市北茨城[市]小美玉[市]高萩[市]岩沼[市]楢葉[町]富岡[町]下山 定則三浦七緒子日立[市]友部[町]取手[市]双葉[町]葛飾[区]相馬[市]

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常磐線の関連情報