境港(読み)サカイコウ

デジタル大辞泉の解説

さかい‐こう〔さかひカウ〕【境港】

鳥取県境港市と島根県松江市にまたがる重要港湾、また特定第三種漁港の一。管理者は特別地方公共団体港管理組合。大陸との貿易港として機能し、また、マグロ・マツバガニ(ズワイガニ)などの水揚げを行う。

さかいみなと〔さかひみなと〕【境港】

鳥取県北西部の市。中心は境(さかい)。鳥取県北西端の弓ヶ浜(ゆみがはま)北部に位置する。古くから商港・漁港として発達した境港があり、現在は近海漁業基地。人口3.5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

境港

鳥取県境港(さかいみなと)市から島根県松江市にまたがる港。1958年4月設立。港湾管理者は、境港管理組合。弓ヶ浜半島の先端に位置し、古くから山陰地方の物流拠点として発達。重要港湾(1951年1月指定)。港湾区域面積は、1,776ヘクタール。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さかいみなと さかひみなと【境港】

鳥取県北西部の地名。西廻海運の発達により港が開け、江戸時代には鳥取藩の船手改所や番所、廻米役所がおかれていた。明治後期に開港場となり、中国、朝鮮との貿易港として発達。現在は隠岐諸島への航路がある。近海漁業の基地。昭和三一年(一九五六)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の境港の言及

【鳥取[県]】より

…大和堆(やまとたい)や隠岐堆などすぐれた漁場をひかえているが,良港に恵まれず,零細経営が多い。その中にあって境港(さかいみなと)は天然の良港で,古くから西廻海運の寄航地,および漁港として栄え,日本海有数の漁業基地となっている。出荷額の1位はイワシ,2位はアジ,3位はスルメイカ(1995)で,沖合漁業が漁獲量の9割以上を占め,沿岸漁業は零細である。…

※「境港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報