コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産物貿易 すいさんぶつぼうえき

百科事典マイペディアの解説

水産物貿易【すいさんぶつぼうえき】

世界の漁業総生産量のうち10%余が貿易の対象となり,そのうち先進国が輸入の8割前後,輸出の7〜8割を占める。日本は世界有数の生産国であるが,輸入も全世界輸入量の約30%で1位,水産物自給率は60%(1997年)にすぎない。
→関連項目漁業クロマグロ規制サケ・マス漁業水産会社水産加工業日露漁業交渉マグロ資源保存・管理特別措置法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんぶつぼうえき【水産物貿易】

世界の漁業総生産量の十数%程度が貿易にあてられている。その比率に大きな変化はないが,水産物貿易の内容は近年大きく変わってきている。世界を発展途上国と先進国の二つに分けると,漁業生産量では先進国がその比率を高めているものの,ほぼ半々である。需要サイドからみると,発展途上国は需要の9割が食糧用だが,先進国では食糧用は6割で残りの4割が飼料用である。先進国では高級魚は直接消費し,低級魚は家畜に食べさせ,肉にかえて人間が消費するのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水産物貿易の関連キーワードガット(GATT)世界貿易機関

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水産物貿易の関連情報