コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷湖 ひょうこpolynya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷湖
ひょうこ
polynya

海氷に囲まれた水面で,一定形状を長く保つもの。海流や風によって海岸沿いにできるもの,沿岸定着氷流氷の間にできるものなどがある。原語ロシア語で,シベリア大河の河口部では,毎年同じような位置にできるので名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海の事典の解説

氷湖

流氷野の中に開けた広い海水面を氷湖という。南極のウエッデル海東部に、氷湖の現れ易い場所があり冬季を通して海水面が維持される年もあり、ウエッデル・ ポリニアと呼ばれる。このように長期間氷湖が維持されるのは、湧昇によって比較的暖かい水が下層から供給されたり、その海域の水の水塊が凍り難い特性を持 つためと考えられる。また冬季の卓越風が沖に向かう場所では、海氷が沖に押し出され沿岸または定着氷との間に開水面が作られる。これを沿岸氷湖あるいは分 離帯水路と呼ぶ。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

氷湖の関連キーワード分離帯水路(海氷)坂本(群馬県)武川忠一鏡泊湖氷煙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android