コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井直敬 ながい なおひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井直敬 ながい-なおひろ

1664-1711 江戸時代前期-中期の大名。
寛文4年生まれ。永井尚庸(なおつね)の長男。延宝5年父の遺領3万石をつぐ。下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主,播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩主,信濃(しなの)(長野県)飯山藩主をへて,宝永8年武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)藩主永井家初代。3万3000石。寺社奉行,西丸若年寄をつとめた。正徳(しょうとく)元年6月3日死去。48歳。通称は大学。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井直敬の関連キーワード永井直陳永井尚備内藤頼由山田光徳永井尚平烏山藩赤穂城岩槻藩赤穂藩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android