コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永楽宮 えいらくきゅうYong-le-gong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永楽宮
えいらくきゅう
Yong-le-gong

中国,山西省永済県永楽鎮にあったが,現在は 芮城県県城に移建した道観。原位置は道教八仙の一人唐末宋初の呂洞賓 (りょどうひん) の故宅と伝えられ,現在の建物は元の中統3 (1262) 年から至正 18 (1358) 年の間に重建されたもの。 1954年に学界に紹介されてから有名になり,各建物に残る壁画とともに元代様式の基準を示すものである。建物は南より宮門,無極門,三清殿,純陽殿,重陽殿 (七真殿) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

永楽宮【えいらくきゅう】

中国,山西省永済県永楽鎮にある,唐末の道士呂洞賓(りょどうひん)の廟(びょう)。三清殿,重陽殿など元代の建築が残っている。内壁には壁画が描かれ,元代の絵画・風俗資料として貴重。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいらくきゅう【永楽宮 Yŏng lè gōng】

中国,元代の道観建築。黄河北岸の山西省芮城(ぜいじよう)県永楽鎮にあり,正式名称を大純陽万寿宮という。八仙の一人,唐の呂洞賓(りよどうひん)の故地で,死後,祠が建てられ,次いで道観に改められたが,元初の火災で消失した。現在の建築は,無極門,三清殿,純陽殿,重陽殿からなり,1247年(定宗2)から62年(中統3)の間に造営された。主殿の三清殿は,道教の最高神元始天尊太上老君・太上道君をまつり,純陽殿は呂洞賓,重陽殿は全真教の創始者王重陽をまつる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永楽宮
えいらくきゅう

中国、元代(13~14世紀)の建造物。山西省永済県の東南60キロメートル、黄河の北岸に近い永楽鎮にあったが、1959年、黄河の水利工事に伴い、(ぜいじょう)県城北の竜泉村に移築された。道教八仙の一人として名高い唐末の道士呂洞賓(りょどうひん)の故居と伝えられるところで、無極門、三清殿(さんせいでん)、純陽殿、重陽殿など豪壮な元代の建築が残っている。隣接して披雲道院(ひうんどういん)、三皇閣(さんこうかく)、呂祖祠(りょそし)、三官殿、城隍廟(じょうこうびょう)などもあり、大純陽万寿宮と総称する。永楽宮は俗称。注目されるのは殿内の壁画で、帝王皇后の形をした主神八尊を囲んでいる二百数十の直日神(ちょくじつしん)の群像(三清殿)、呂洞賓の生涯を描いた『仙遊顕化図』(純陽殿)などが有名。[吉村 怜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の永楽宮の言及

【寺院建築】より

…北宋,1023‐32)で,飛梁という十字形石橋を架けた方池を前面に掘った東向きの自由な配置をとる。永楽宮(山西省永済。現在は芮城に移築)は唐の呂洞賓の祠に建てられた典型的な道観遺構で,かつての壮大な規模は失われたものの,無極門,三清殿,純陽殿,重陽殿と中軸線にならぶ元代1262年から建立の建築群が現存し,とくに華麗な壁画で知られる。…

※「永楽宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永楽宮の関連キーワード吉村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android