コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田雅一 ナガタマサイチ

4件 の用語解説(永田雅一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ながた‐まさいち【永田雅一】

[1906~1985]映画製作者。京都の生まれ。昭和22年(1947)大映社長となり、ベネチア国際映画祭で作品賞を受賞した「羅生門」などを製作。また、大映スターズを結成しプロ野球に進出、同28年パリーグの初代総裁となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田雅一 ながた-まさいち

1906-1985 昭和時代の映画プロデューサー。
明治39年1月21日生まれ。日活京都撮影所などをへて,昭和22年大映社長となる。26年「羅生門」でベネチア映画祭グランプリ受賞,36年日本初の70ミリ映画「釈迦」を製作。プロ野球パリーグの初代総裁もつとめた。昭和60年10月24日死去。79歳。京都出身。大倉高商(現東京経済大)中退。
【格言など】永田ラッパいたずらに鳴りひびいたのではない。前へ進み,そして実を結んだのだ(グランプリを受賞して,「私の履歴書」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

永田 雅一


芸名
永田 雅一

性別
男性

生年月日
1954//

出身地
静岡県

職種
文化人

プロフィール
海洋動物学者・海洋ジャーナリスト。1977年東京水産大学東京海洋大学)卒業後、制作会社での海洋資源及び環境の調査・撮影や記録映画などの企画演出を経て1986年独立。「キャプテンマック海洋研究所」を開設。海洋調査・研究に参加。海洋ドキュメンタリー番組の企画及びリポート科学雑誌、海洋専門誌などの取材・執筆を行う。これまでに70カ国の海に8000回潜り、調査・研究を続ける。1999年にパラオに研究所を開設。パラオでの映像取材協力も可能。BS日テレで好評だった大海球紀行Ⅰ・Ⅱは取材に3年以上を費やした渾身の作品であり、アメリカエージェントに買い取られ「プラネットオーシャンⅠ・Ⅱ」としてアメリカを始めブラジルチェコトルコ、韓国、など世界42カ国で放送されている。日本テレビ世界一受けたい授業』出演も好評で、テレビ誌にもカリスマ先生として紹介された。2009年10月発行のナショナルジオグラフィックマガジン「日本特集」のコーディネーターにも指名された。

代表作品
テレビ朝日『お願い!ランキング~林修先生の今やる!ハイスクール~』(2014) / NHK-BS『地球に好奇心』(2003) / 著書『南極半島ペンギン村・銀次郎の恋物語』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ながたまさいち【永田雅一】

1906~1985) 映画製作者。京都生まれ。日活京都撮影所に入所後、第一映画を創立、溝口健二監督作品などを製作。新興キネマを経て、戦後は長らく大映社長をつとめ、時代劇の名作を次々製作し、日本映画の評価を国際的に高めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の永田雅一の言及

【大映[株]】より

…創立当初は時代劇映画に強みを発揮して松竹,東宝という既存の2社に対抗したが,時代劇に比べて製作,スターともに手薄とみられていた現代劇も,《新雪》(五所平之助監督,1942)の大ヒットで軌道に乗り,以後《風雪の春》(落合吉人監督,1943),《無法松の一生》(稲垣浩監督,1943)などの佳作を生んだ。第2次世界大戦後,社名を大映とし,菊池寛のあとをうけて,撮影所出身の製作者永田雅一が社長に就任,占領軍による時代劇の禁止という苦境を,風俗娯楽映画や女性映画で乗り切った。また,山本嘉次郎,黒沢明,谷口千吉,成瀬巳喜男らの監督と契約を結び,次々と秀作を送り出し,1951年には黒沢の《羅生門》がベネチア映画祭でグラン・プリを受賞,同じくベネチア映画祭で《雨月物語》(溝口健二監督,1953)が入賞,さらに《地獄門》(衣笠貞之助監督,1954)がカンヌ映画祭で受賞して,西欧での日本映画の評価を一挙に高めた。…

【日本映画】より

… 松竹の映画づくりは,戦前につづいて城戸四郎の下で進められ,女性メロドラマ路線をさらに推進して,《君の名は》(1953‐54),《二十四の瞳》(1954)などのヒット作を出した。 大映では,永田雅一(1906‐85)が戦前の第一映画,新興キネマでの経験に基づき,興行的価値を第一とする映画製作を行って,母もの映画路線と《羅生門》(1950),《雨月物語》(1952),《地獄門》(1953)などの文芸色豊かな王朝ものの大作で業績を安定させた。 戦後に生まれた東映では,大川博(1896‐1971)がかつての鉄道マン時代(鉄道省,東急)の経験をもとに,徹底した営利主義を貫いた。…

【化猫映画】より

…日本固有の怪談映画の一種で,〈狸もの〉〈狐もの〉などと同様に古くから〈ゲテモノ〉としてつくられてきたが(日本映画史をつづった本には〈低俗観客層に愛好された〉などと記されている),昭和10年代の初めに日本映画きっての〈妖婦女優〉として知られた鈴木澄子(1904‐85)がこの種の怪談映画のヒロインを次々に演じて(《佐賀怪猫伝》《有馬猫》(ともに1937),《怪猫五十三次》《怪談謎の三味線》(ともに1938),《山吹猫》(1940),等々),〈化猫女優〉の異名を取って以来,怪談映画のなかでも特殊なジャンルとして日本映画史の底流の一部を形成することになった。すなわち,ゲテモノ,低俗娯楽映画といわれながらも確実な興行価値をもつジャンルとして量産され,とくに戦前の新興キネマで鈴木澄子の〈化猫映画〉をヒットさせたプロデューサーの永田雅一は,戦後も大映(1947年より永田が社長に就任)で,戦前の〈お嬢さんスター〉で売れなくなっていた入江たか子を〈化猫女優〉に仕立てて成功した。これによって猫を演ずることはスター女優の末路を意味するイメージにすらなった。…

※「永田雅一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永田雅一の関連キーワード小堀政一永田池田政員岡田正応永田一二永田一脩永田仲永田政純永田祐助毛利正員

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永田雅一の関連情報