江利 チエミ(読み)エリ チエミ

20世紀日本人名事典の解説

江利 チエミ
エリ チエミ

昭和期の歌手,女優



生年
昭和12(1937)年1月11日

没年
昭和57(1982)年2月13日

出生地
東京市入谷区(現・東京都台東区入谷町)

本名
久保 智恵美(クボ チエミ)

学歴〔年〕
明星学園高〔昭和30年〕卒

主な受賞名〔年〕
京都市民映画祭助演女優賞〔昭和37年〕「ちいさこべ」,テアトロン賞(第8回)〔昭和37年〕「スター誕生」「チエミ大いに歌う」,芸術祭奨励賞〔昭和37年〕「スター誕生」,ゴールデン・アロー賞〔昭和38年〕「マイフェア・レディ」,芸術祭奨励賞〔昭和42年〕「お染久松」,芸術祭優秀賞〔昭和46年〕「白孤の恋」,芸術祭優秀賞〔昭和47年〕「’72チエミ秋に唄う」,日本有線大賞敢闘賞(第8回)〔昭和49年〕「酒場にて」

経歴
バンドマンと軽演劇女優を両親に東京・浅草で生まれ、12歳ころから米軍キャンプを回ってショーに出演。昭和26年キングレコード専属となり、27年ジャズ歌手として「テネシー・ワルツ」でデビュー。以後「カム・オン・ナ・マイ・ハウス」など次々とヒットを飛ばし、相前後して歌謡界入りした美空ひばり雪村いづみとともに空前のブームをつくった“三人娘”の一人に。庶民的な雰囲気をもつタレント性が買われ、映画も50本ほどに出演、とくにぴったりのはまり役を演じた「サザエさん」はその後テレビでお茶の間の人気をさらった。また「スター誕生」「マイフェア・レディ」などミュージカル・スターとしても活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

江利 チエミ
エリ チエミ


職業
歌手 女優

本名
久保 智恵美(クボ チエミ)

生年月日
昭和12年 1月11日

出生地
東京市 入谷区(東京都 台東区入谷町)

学歴
明星学園高〔昭和30年〕卒

経歴
父はバンドマンで、初代柳家三亀松の相三味線も務めた久保益雄、母は軽演劇の女優・谷崎歳子。4人兄妹(3男1女)の末娘。東京・浅草で育ち、昭和19年山梨県甲府へ疎開したが、親戚の葬儀のために東京へ戻ったその日、甲府空襲で疎開先の親戚の家が全焼し、命を拾った。24年より母が付けてくれた“江利チエミ”の芸名で、父と米軍キャンプを回ってショーに出演。26年キングレコード専属となり、27年ジャズ歌手として「テネシー・ワルツ 家へおいでよ」でデビュー、たちまち大ヒットとなった。28年3月「テネシー・ワルツ」のヒットを受けて米国から招待を受け渡米、公演を成功させ、同地で「ゴメンナサイ」「プリティ・アンド・ベイビー」を録音。5月来日する黒人5人組のジャズコーラス・グループ、デルタ・リズム・ボーイズと一緒に帰国。各地で共演する一方、トップテナーのカール・ジョーンズから指導を受け、本場のジャズ・フィーリングを学んだ。帰国の際、新人歌手の雪村いづみから花束を手渡されたが、公私ともの親友となった2人は、この時が初対面であった。相前後して歌謡界入りした雪村、美空ひばりと“三人娘”と呼ばれて空前のブームとなり、30年映画「ジャンケン娘」で3人の初共演が実現。29年雑誌「サンデー毎日」が百万部を突破した際に企画された「日本の十人」では、音楽部門で2位の美空ひばり、3位のバイオリニスト・諏訪根自子、4位の作曲家・山田耕筰を抑えて十人の1人に選ばれた。34年俳優の高倉健と結婚。歌手として実力を示す一方で、庶民的な雰囲気をもつタレント性が買われ、映画やテレビにも数多く出演。特に長谷川町子の漫画を題材とした「サザエさん」のサザエさん役は生涯の当たり役となり、映画、テレビ、舞台とサザエさんを演じた。また、36年母親代わりの女優・清川虹子の原案、菊田一夫の作・演出による「スター誕生」や「マイ・フェア・レディ」などミュージカルでも活躍。しかし、家計の全てを委ねていた異父姉に裏切られ、財産の全てを奪われた上に億単位の借金を背負うことになり、46年夫に迷惑をかけまいと高倉と離婚。47年には異父姉を告訴、異父姉には懲役3年の実刑判決が下された。以後、質素な一人暮らしを続けながら莫大な借金の返済に励んだ。55年デビュー三十周年記念リサイタルを成功させる。借金を完済し、これからが期待されていた矢先の57年、脳溢血による窒息死のために45歳の若さで急逝した。他のヒット曲に「思い出のワルツ」「ウスクダラ」「ウェディングベルが盗まれた」「キャリオカ」「霧のロンドン・ブリッジ」「さのさ」「奴さん」「酒場にて」「新妻に捧げる歌」などがあり、他の出演作には、映画「裏町のお転婆娘」「ちいさこべ」「巣立ちのとき・教育は死なず」、テレビ「咲子さんちょっと」「黄色いトマト」「ねぎぼうずの唄」「はじめまして」「赤帽かあちゃん」、舞台「お染久松」「白狐の恋」「春香伝」など。

受賞
京都市民映画祭助演女優賞〔昭和37年〕「ちいさこべ」,テアトロン賞(第8回)〔昭和37年〕「スター誕生」「チエミ大いに歌う」,芸術祭奨励賞〔昭和37年〕「スター誕生」,ゴールデン・アロー賞〔昭和38年〕「マイ・フェア・レディ」,芸術祭奨励賞〔昭和42年〕「お染久松」,芸術祭優秀賞〔昭和46年〕「白狐の恋」,芸術祭優秀賞〔昭和47年〕「’72チエミ秋に唄う」,日本有線大賞敢闘賞(第8回)〔昭和49年〕「酒場にて」

没年月日
昭和57年 2月13日 (1982年)

家族
父=久保 益雄(ミュージシャン)

伝記
シャープス&フラッツ物語―原信夫の歩んだ戦後とジャズ江利チエミ物語―テネシー・ワルツが聴こえる進駐軍クラブから歌謡曲へ―戦後日本ポピュラー音楽の黎明期江利チエミ 波乱の生涯―テネシー・ワルツが聴こえる昭和のすたるじい流行歌(はやりうた)―佐藤千夜子から美空ひばりへ 瀬川 昌久 監修,長門 竜也 著藤原 佑好 著東谷 護 著藤原 佑好 著塩沢 実信 著(発行元 小学館長崎出版みすず書房五月書房第三文明社 ’09’06’05’00’91発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

江利 チエミ (えり ちえみ)

生年月日:1937年1月11日
昭和時代の歌手;女優
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江利 チエミの関連情報