コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江口朴郎 えぐち ぼくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江口朴郎 えぐち-ぼくろう

1911-1989 昭和時代の歴史学者。
明治44年3月19日生まれ。一高教授をへて,昭和28年東大教授となる。のち法大教授,津田塾大教授。第一次大戦前後の国際関係史を研究。歴史学研究会代表,原水協代表委員,日本ラオス友好協会会長などをつとめた。平成元年3月15日死去。77歳。佐賀県出身。東京帝大卒。著作に「帝国主義民族」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江口朴郎
えぐちぼくろう
(1911―1989)

西洋史学者。佐賀県の生まれ。1933年(昭和8)東京帝国大学文学部西洋史学科卒業。第一高等学校教授などを経て、50年(昭和25)東京大学教養学部助教授、ついで教授(1953)となり、国際関係論科および大学院国際関係論課程の主任を務めた。のち法政大学、津田塾大学で教鞭(きょうべん)をとった。初期には第一次世界大戦前の外交史を研究したが、第二次大戦敗戦以後は現代史の諸領域にわたり、帝国主義を反帝国主義諸勢力との対抗関係において国際的視野からとらえることを提唱した。また歴史学の課題と方法について柔軟なマルクス主義的見地からしばしば発言し、学界に多大の影響を与えた。民間の有力な学会である歴史学研究会の代表(1950~58)、委員長(1959~61)として左派アカデミズムの指導的地位にあった。主著『帝国主義の時代』(1969)など。[斉藤 孝]
『『江口朴郎著作集』全五巻(1974~75・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江口朴郎の関連キーワードエジプト革命社会思想史江口 朴郎昭和時代民族問題

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江口朴郎の関連情報