コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池上雪枝 いけがみ ゆきえ

2件 の用語解説(池上雪枝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池上雪枝 いけがみ-ゆきえ

1826-1891 幕末-明治時代の社会事業家。
文政9年2月1日生まれ。村上華岳の祖母。嘉永(かえい)5年結婚し,易断で生活をささえた。また神道の布教をおこない,明治16年大阪に神道祈祷(きとう)所をもうける。一方,自宅に池上感化院を設立し,非行少年を保護,善導。同院は日本最初の感化院とされる。明治24年5月2日死去。66歳。大坂出身。旧姓は大久保。
【格言など】誰をかも杖とたのまむ老の身のわけつくされぬことの葉のみち(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池上雪枝

没年:明治24.5.2(1891)
生年:文政9.2.1(1826.3.9)
明治期の社会事業家。摂津国生まれ。易断を営むとともに神道大成教の神官となり,大阪市北区に祈祷所を設ける。明治16(1883)年,同所に少年感化院を開く。わが国感化院的施設の先駆といわれる。日本画家村上華岳は孫。<参考文献>大阪府立修徳学院編『池上雪枝女史小伝』,五味百合子編著『続・社会事業に生きた女性たち』

(高橋富子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の池上雪枝の言及

【教護院】より

…なお,武蔵野学院には,教護事業職員養成所が付設されている。1883年,池上雪枝が大阪市に神道祈禱所を設け,そこで不良少年の保護に着手したのが,日本における感化院的施設の最初であり,留岡幸助が東京巣鴨に家庭学校(北海道家庭学校の前身)を創設したのは99年である。1890年の感化法により,感化院の設置が府県の義務とされ,府県立感化院が相次いで設けられるとともに,私立施設も増加した。…

※「池上雪枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池上雪枝の関連キーワード雨宮越哉海之屋広志岡本五休奥野勘蔵是一(8代)高屋英章橋浦時雄平山春貞水上善治宮内善左衛門