沖縄トラフ(読み)おきなわトラフ(英語表記)Okinawa Trough

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「沖縄トラフ」の解説

沖縄トラフ
おきなわトラフ
Okinawa Trough

東シナ海海底琉球列島背後(西側)に沿うように細長く延びるトラフ。幅約 100km,水深は最深部で約 2700m。縁海が裂けつつあるために生じたくぼみで,まだ海洋底が拡大する段階にはいたっていないと考えられた(→海洋底拡大説)。しかし伊是名海穴で 330℃の熱水が噴出し,亜鉛などの硫化物を沈殿するブラックスモーカーが確認されたことから,地下ではマグマの活動が活発であるとみられる(→海底熱水鉱床)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「沖縄トラフ」の解説

沖縄トラフ【おきなわトラフ】

沖縄舟状海盆とも。琉球諸島北西側にほぼ平行に分布する細長い海盆。最大水深は2000mを超える。地殻熱流量が大きく,海底から熱水が吹き出しているところも発見されており,拡大途中の縁海と考える研究者もいる。
→関連項目海底熱水鉱床

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「沖縄トラフ」の解説

おきなわ‐トラフ〔おきなは‐〕【沖縄トラフ】

琉球諸島の北西に長さ約1000キロメートルにわたって延びる細長い海底の凹地トラフ)。東シナ海で最も深く、最大水深は約2200メートル。潜水調査船しんかい2000により、日本初のブラックスモーカーが発見された。沖縄舟状海盆。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android