コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄トラフ おきなわトラフOkinawa Trough

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄トラフ
おきなわトラフ
Okinawa Trough

東シナ海の海底を琉球列島の背後(西側)に沿うように細長く延びるトラフ。幅約 100km,水深は最深部で約 2700m。縁海が裂けつつあるために生じたくぼみで,まだ海洋底が拡大する段階にはいたっていないと考えられた(→海洋底拡大説)。しかし伊是名海穴で 330℃の熱水が噴出し,銅,鉛,亜鉛などの硫化物を沈殿するブラックスモーカーが確認されたことから,地下ではマグマの活動が活発であるとみられる(→海底熱水鉱床)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

沖縄トラフ【おきなわトラフ】

沖縄舟状海盆とも。琉球諸島の北西側にほぼ平行に分布する細長い海盆。最大水深は2000mを超える。地殻熱流量が大きく,海底から熱水が吹き出しているところも発見されており,拡大途中の縁海と考える研究者もいる。
→関連項目海底熱水鉱床

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

沖縄トラフの関連キーワード東シナ海天然ガス田開発問題トラフ(海底のくぼみ)大陸棚の延伸申請海盆(かいぼん)しんかい二〇〇〇日中中間線八重山列島海洋資源熱水噴出男女海盆

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖縄トラフの関連情報