コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄トラフ おきなわトラフ Okinawa Trough

3件 の用語解説(沖縄トラフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄トラフ
おきなわトラフ
Okinawa Trough

東シナ海の海底を琉球列島の背後(西側)に沿うように細長く延びるトラフ。幅約 100km,水深は最深部で約 2700m。縁海が裂けつつあるために生じたくぼみで,まだ海洋底が拡大する段階にはいたっていないと考えられた(→海洋底拡大説)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おきなわ‐トラフ〔おきなは‐〕【沖縄トラフ】

琉球諸島の北西に長さ約1000キロメートルにわたって延びる細長い海底の凹地(トラフ)。東シナ海で最も深く、最大水深は約2200メートル潜水調査船しんかい2000により、日本初のブラックスモーカーが発見された。沖縄舟状海盆

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沖縄トラフ【おきなわトラフ】

沖縄舟状海盆とも。琉球諸島の北西側にほぼ平行に分布する細長い海盆。最大水深は2000mを超える。地殻熱流量が大きく,海底から熱水が吹き出しているところも発見されており,拡大途中の縁海と考える研究者もいる。
→関連項目海底熱水鉱床

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

沖縄トラフの関連キーワード父島列島吐噶喇列島東シナ海琉球列島米国軍政府東シナ海のガス田問題東シナ海の底引き網漁里〈村〉沖縄舟状海盆男女海盆東シナ海低気圧型

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄トラフの関連情報