コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢瀉久孝

デジタル大辞泉の解説

おもだか‐ひさたか【沢瀉久孝】

[1890~1968]国文学者。三重の生まれ。万葉集の研究に専念し、訓詁注釈に業績を残した。著「万葉集注釈」「万葉の作品と時代」「万葉古径」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢瀉久孝 おもだか-ひさたか

1890-1968 大正-昭和時代の国文学者。
明治23年7月12日生まれ。昭和11年京都帝大教授となる。のち京都女子大,関西大教授。「万葉集」研究に専念し,「万葉集注釈」全20巻(42年朝日賞)などおおくの業績をのこした。昭和43年10月14日死去。78歳。三重県出身。京都帝大卒。著作はほかに「万葉の作品と時代」「万葉古径」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもだかひさたか【沢瀉久孝】

1890~1968) 国文学者。三重県生まれ。京大教授。万葉集の訓詁注釈を中心とした精緻な研究を行い、「万葉集注釈」全二〇巻を完成。ほかに著「万葉の作品と時代」「万葉古径」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢瀉久孝
おもだかひさたか

[生]1890.7.12. 宇治山田
[没]1968.10.14. 静岡
国文学者。 1915年京都大学卒業。 1936年京都大学教授,1951年名誉教授。文学博士。『万葉集』の研究,特に訓詁・注釈的研究に多大の貢献をした。主著『万葉集注釈』 (20巻,1932~43) ,『万葉の作品と時代』 (1941) ,『万葉古径』 (1947) ,『万葉歌人の誕生』 (1956) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

沢瀉久孝の関連キーワード昭和時代伊藤 博沢瀉久敬伊藤博大正

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android