宇治山田(読み)うじやまだ

  • うじやまだ うぢやまだ
  • うじやまだ〔うぢやまだ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重県志摩半島,伊勢市の中心市街地。伊勢神宮の所在地,伊勢志摩国立公園の玄関口として知られる。宇治皇大神宮 (内宮) ,山田豊受大神宮 (外宮) があり,両地区とも中世には自治都市形成。鎌倉時代以降,門前町として繁栄したが,互いに神権の優劣争い,商業利権の競合から対立関係となり,文明 18 (1486) 年には宇治山田合戦と呼ばれる流血抗争が起った。 1906年両地区が合併伊勢市 (55年成立) の前身である宇治山田市を形成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三重県伊勢市(いせし)の旧名。伊勢神宮内宮(ないくう)の鳥居前町宇治と外宮(げくう)の鳥居前町山田が1889年(明治22)の市町村制で宇治山田町となり、1906年(明治39)市制施行、1941年(昭和16)伊勢市と改称。両地区とも中世からの「伊勢参り」で栄えたが、商業利権の競合から対立し、1486年(文明18)には宇治山田合戦とよばれた流血の抗争を起こしたこともある。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

三重県伊勢市の旧称。伊勢神宮内宮のある宇治と外宮のある山田とを合わせた地名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

三重県東部,伊勢平野南端にある伊勢市の旧名。伊勢神宮の門前町
内宮門前の宇治と外宮門前の山田とからなり,平安初期から都市として発展をとげた。中世,武士庶民の間に伊勢信仰が広まるにつれ参詣人を集めた。室町時代には人口3万以上で,当時有数の自治都市となった。江戸時代,幕府直轄領となり,山田奉行が置かれた。1906年市制施行。'55年伊勢市と改称した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

宇治山田の関連情報