コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村殷根 かわむらしげね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河村殷根
かわむらしげね

[生]寛延2(1749)
[没]明和5(1768).6.
江戸時代中期の歌人。河村秀根の子。通称一郎。『河水問答』 (5巻) の編者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村殷根 かわむら-しげね

1749-1768 江戸時代中期の国学者,歌人。
寛延2年9月4日生まれ。河村秀根の長男。河村益根の兄。歌は冷泉為村(れいぜい-ためむら)の門にまなぶ。父の「書紀集解(しゅうげ)」の著述をたすけた。明和5年6月4日死去。20歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。初名は滋根。通称は一郎,金之助,豊三郎。著作に「河水問答」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河村殷根

没年:明和5.6.4(1768.7.17)
生年:寛延2.9.4(1749.10.14)
江戸中期の歌人。名滋根,通称需吉,豊三郎など。名古屋の人。河村秀根の子で,弟に益根がある。幼少より和歌に巧みであったと伝えられるが,20歳で父秀根に先立って没したため,経歴には空白が多い。秀根が冷泉為村の門人であったことから殷根も為村に入門した。編著に『河水問答』がある。家集『殷根遺草』は秀根の編集にかかる。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

河村殷根 (かわむらしげね)

生年月日:1749年9月4日
江戸時代中期の歌人
1768年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

河村殷根の関連キーワード生年月日国学者

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android