コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼隈踊 ぬまくまおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼隈踊
ぬまくまおどり

広島県南東部,沼隈半島に伝承されている太鼓踊の一種。はね踊りともいう。神社の祭礼や村の慶事に踊られる。かつては虫送り,雨ごいなどにも踊ったという。道行で踊り場に練り込み,花棒,花うちわを持ち,太鼓,鉦 (かね) の拍子に合わせて輪になって勇壮に踊る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまくまおどり【沼隈踊】

民俗芸能。広島県沼隈郡沼隈町や福山市田尻町などに伝わる太鼓踊。8月14,15日ごろ,また地域の祝事などに踊られ,はね踊,銅鉦などともいう。踊り手は鬼頭(指揮者)1人に,鬼(歌)約30人,鉦(かね)10人,大胴(大太鼓)10人,入れ鼓(小太鼓)10人と大規模な編成で,道行の楽を奏して氏神社へ練り込み,境内で歌いはね踊る。鉢巻,白地ゆかた,白だすき,手甲,脚絆,わらじ姿である。1619年(元和5)福山藩主水野勝成が神祭,雨乞い,虫送り,願ほどきなどに領民に演じさせたのに始まると伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone