コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼隈踊 ぬまくまおどり

2件 の用語解説(沼隈踊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼隈踊
ぬまくまおどり

広島県南東部,沼隈半島に伝承されている太鼓踊の一種。はね踊りともいう。神社の祭礼や村の慶事に踊られる。かつては虫送り,雨ごいなどにも踊ったという。道行で踊り場に練り込み,花棒,花うちわを持ち,太鼓,鉦 (かね) の拍子に合わせて輪になって勇壮に踊る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまくまおどり【沼隈踊】

民俗芸能。広島県沼隈郡沼隈町や福山市田尻町などに伝わる太鼓踊。8月14,15日ごろ,また地域の祝事などに踊られ,はね踊,銅鉦などともいう。踊り手は鬼頭(指揮者)1人に,鬼(歌)約30人,鉦(かね)10人,大胴(大太鼓)10人,入れ鼓(小太鼓)10人と大規模な編成で,道行の楽を奏して氏神社へ練り込み,境内で歌いはね踊る。鉢巻,白地ゆかた,白だすき,手甲,脚絆,わらじ姿である。1619年(元和5)福山藩主水野勝成が神祭,雨乞い,虫送り,願ほどきなどに領民に演じさせたのに始まると伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沼隈踊の関連キーワード内海[町]広島県福山市田尻町沼隈〈町〉広島県福山市沼隈町上山南広島県福山市沼隈町草深広島県福山市沼隈町下山南広島県福山市沼隈町常石広島県福山市沼隈町中山南広島県福山市沼隈町能登原山本滝之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone