法文歌(読み)ホウモンカ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうもんか【法文歌】

歌謡。平安中期から末期に流行した今様(いまよう)の分類の一つ。今様には,ほかに神歌(かみうた),只の今様,古柳(こやなぎ),旧古柳(ふるこやなぎ),片下(かたおろし),早歌(はやうた),田歌(たうた),娑羅林(しやらりん)などがあった。法文とは仏法を説いた文章の意で,法文歌はその名のとおり著しく仏教的であり,とくに法華経をよんだものが多い。叙事的なものもあるが,末法の世に仏に帰依する心情を,なだらかな表現で哀切に歌いあげたものが中心をなしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうもんのうた【法文歌】

今様の一。和讃の形式で、仏教の経文について詠んだ歌。七五(または八五)の四句からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうもん‐か ホフモン‥【法文歌】

〘名〙 平安末期に行なわれた今様の一つ。和讚(わさん)の一部が独立・分化したもので、形式は八・五(四・四・五)の四句から成り、仏教の法文についてうたったもの。
梁塵秘抄(1179頃)二「法文歌 二百廿首」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の法文歌の言及

【梁塵秘抄】より

… 巻一は長歌(短歌体で〈そよ〉という囃子詞(はやしことば)を付けたもの)10首,古柳(こやなぎ)(不整形式で囃子詞の多いもの)1首,今様10首を収めるが,目録の歌数と違うのはこの現存の巻一が見本的な抄出本であることによるか。 巻二は法文(ほうもん)歌首,四句神歌(しくのかみうた)(神歌)204首,二句神歌121首を収める。法文歌はおおむね8・5音または7・5音の4句形式の仏教讃歌で,大きく仏・法・僧・雑の順に配列され,なかでも法(経典)の部は天台教学の五時教判の基準に従い,華厳経以下のおもな大乗仏典の各経歌をそろえ,特に法華経二十八品歌は開結2経を前後に置く群作百十数首で堂々たる構成である。…

※「法文歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android