コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法蓮(1) ほうれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法蓮(1) ほうれん

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の修験者。
呪術(じゅじゅつ)で人々の病気をなおした功績により,大宝(たいほう)3年(703)豊前(ぶぜん)の田野約40haを,養老5年宇佐君の氏姓をあたえられた。彦山(ひこさん)で修行したとつたえられ,霊仙寺開山(かいさん)ともされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

法蓮(1)の関連キーワード奈良時代修験者あすか飛鳥呪術

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android