コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥仕合 ドロジアイ

3件 の用語解説(泥仕合の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どろ‐じあい〔‐じあひ〕【泥仕合】

互いに相手の弱点・秘密などをあばきたててみにくく争うこと。また、その争い。
歌舞伎で、舞台上に泥田を作り、その中で立ち回りを演じること。また、その立ち回り。
[補説]「泥試合」と書かないのが一般的。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥仕合
どろじあい

歌舞伎(かぶき)演出用語。泥の中で立回りをすること。舞台上(以前は客席前列の一隅)に設けられた泥田の中で、泥だらけになって争うさまを見せる。『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』の「長町裏(ながまちうら)」で団七(だんしち)が義平次(ぎへいじ)を殺す場面などが例。日常語でも、責任をなすり合って醜く争うことの意味に使う。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泥仕合の関連情報