コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞見 ドウケン

デジタル大辞泉の解説

どう‐けん【洞見】

[名](スル)《「とうけん」とも》事物の本質などを見抜くこと。洞察。
「よもやこの人々が余の詩想を―しはしまいが」〈漱石・趣味の遺伝〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうけん【洞見】

( 名 ) スル
先の先まで見抜くこと。見通すこと。洞察。 「是より深く-する事が出来ないんか/罪と罰 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

洞見の関連キーワード働・僮・動・同・堂・導・撓・撞・洞・獰・瞠・瞳・童・胴・道・銅詩想洞観魯庵洞察

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洞見の関連情報