コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津高 つだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津高
つだか

岡山県南部,岡山市中部の旧町域。 1971年岡山市に編入。明治初期,山内善男,大森熊太郎ブドウの栽培法を導入。温室ブドウのマスカットの発祥地となり,国内有数の生産地に発展した。岡山市街地への通勤者も多く,住宅地化が著しい。日応寺に岡山空港がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

津高【つだか】

岡山県岡山市の一地区。御津(みつ)郡の旧町で,主集落は吉備(きび)高原南縁にある。明治初期,山内善男,大森熊太郎がブドウを導入,温室栽培を創始,全国一のマスカット産地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津高
つだか

岡山市北区中部の地区。旧津高町。古代の津高郷、中世の津高庄(しょう)の地。岡山県下の温室ブドウのマスカット栽培発祥地で、現在も主産地の一つ。山陽自動車道岡山インターチェンジがあり、国道53号沿いや丘陵地は宅地化が進行している。1988年(昭和63)には北部に岡山空港が開港。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

津高の関連キーワードマズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティーファスビンダー宇宙開発史(年表)

津高の関連情報