コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津高 つだか

3件 の用語解説(津高の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津高
つだか

岡山県南部,岡山市中部の旧町域。 1971年岡山市に編入。明治初期,山内善男,大森熊太郎ブドウの栽培法を導入。温室ブドウのマスカットの発祥地となり,国内有数の生産地に発展した。岡山市街地への通勤者も多く,住宅地化が著しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

津高【つだか】

岡山県岡山市の一地区。御津(みつ)郡の旧町で,主集落は吉備(きび)高原南縁にある。明治初期,山内善男,大森熊太郎がブドウを導入,温室栽培を創始,全国一のマスカット産地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津高
つだか

岡山市北区中部の地区。旧津高町。古代の津高郷、中世の津高庄(しょう)の地。岡山県下の温室ブドウのマスカット栽培発祥地で、現在も主産地の一つ。山陽自動車道岡山インターチェンジがあり、国道53号沿いや丘陵地は宅地化が進行している。1988年(昭和63)には北部に岡山空港が開港。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津高の関連キーワード岡山県岡山市中区祇園岡山県岡山市中区さい岡山県岡山市中区沢田岡山県岡山市中区清水岡山県岡山市中区下岡山県岡山市中区関岡山県岡山市中区高屋岡山県岡山市中区竹田岡山県岡山市中区浜岡山県岡山市中区湊

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津高の関連情報