活を入れる(読み)カツヲイレル

デジタル大辞泉の解説

活(かつ)を入・れる

柔道などの術で、気絶した人の息を吹き返らせる。
刺激を与えて元気づける。「人事異動で組織に―・れる」
[補説]「喝を入れる」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつをいれる【活を入れる】

気絶した人の息を吹き返させる。
刺激を与えて、気力を起こさせる。 「沈滞したムードに-・れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かつ【活】 を 入(い)れる

柔道などの術で、気絶した人の急所をついたりもんだりして、息を吹き返らせる。
※落語・つよがり(1890)〈三代目三遊亭円遊〉「気絶ウしてドターリ倒れるのを、脇肋(わきぼね)の辺を望んで、ウンと活(クヮツ)を入れると」
発でないもの、衰弱したものなどに、刺激を与えて元気づける。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「田川夫妻の見送人たちはこの声で活(クヮツ)を入れられたやうになって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活を入れるの関連情報