コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)立てる ヒキタテル

デジタル大辞泉の解説

ひき‐た・てる【引(き)立てる】

[動タ下一][文]ひきた・つ[タ下二]
無理に連れて行く。ひったてる。「容疑者を―・てる」
元気が出るようにする。はげます。「酒を飲んで気分を―・てる」
ひいきにして力添えする。特に目をかける。「後輩を―・てる」
一段とよく見えるようにする。よさが際立つようにする。「花が部屋を―・てる」
戸などを、引いて閉じる。「雨戸を―・てる」
引き起こす。引っ張って立てる。
「やがてこの人を―・て推しはかりに入り給ふ」〈夕霧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

引(き)立てるの関連キーワード残楽汁物伴奏縦様

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android