コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流体包有物 りゅうたいほうゆうぶつ fluid-cavity

2件 の用語解説(流体包有物の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

流体包有物

液体を含む包有物.顕微鏡的または顕微鏡的以下の大きさで,最初の結晶作用の過程で結晶内部に取り込まれた液体である.この流体を構成する液体および気体の組成分析や温度,圧力による変化から,包有物の形成当時の環境を推測する手がかりとして利用される.⇒包有物

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうたいほうゆうぶつ【流体包有物 fluid inclusion】

鉱物中に存在する流体を主体とする包有物。流体内で結晶が成長するときに,構造欠陥に起因してできた結晶内の空隙中に周囲の流体がとりこまれることによって生じる。天然の結晶では0.01mm以下の大きさのものが多いが,ブラジル産の水晶などでは肉眼で見えるものもある。高温で結晶中にとりこまれた流体は,常温では一般に2相(液相+気相),あるいは3相(液相+気相+固相)に分離している。これらの多相包有物を熱して1相になる温度(充てん温度あるいは均質化温度)から結晶が生成した温度を推定することができるほか,包有物の組成から鉱物を沈殿した母流体の組成を知る手がかりが得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

流体包有物の関連キーワード実存多色暈ポテンシャル鉱物包有物温度計挿間レイシリニアー塩基性包有物混生包有物同源包有物内成包有物

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone