コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄土法門源流章 じょうどほうもんげんるしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄土法門源流章
じょうどほうもんげんるしょう

華厳宗の僧,凝然の著作。応長1 (1311) 年刊。1巻。インドに始る浄土教の伝播を述べたもので,法然の浄土宗の開創,その弟子たちによる諸派の成立,また種々の浄土教の異説を記している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどほうもんげんるしょう【浄土法門源流章】

凝然(ぎようねん)著。1311年(応長1)東大寺戒壇院で述作。1巻。インド,中国,日本3国にわたる浄土教の弘通を教義史的に明かしたもの。日本については,法然以前の智光,源信,永観などの源流を略述し,ついで法然の浄土開宗を記し,さらに法然門下の5流派(一念義流,多念義流,西山義流,鎮西義流,諸行本願義流)を詳述する。【伊藤 唯真】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

浄土法門源流章の関連キーワード華厳宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android