コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜辺黒人 はまべの くろひと

美術人名辞典の解説

浜辺黒人

狂歌師・書肆。姓は斯波、名は孟雅、字は子頌、通称三河屋半兵衛。芝浜連頭目。天明元年『狂歌不琢玉』を発表、狂歌に入花料を取るのは彼から始まった。著書『狂歌栗の下風』『狂歌猿の腰掛』がある。寛政2年(1790)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はまべ‐の‐くろひと【浜辺黒人】

[1717~1790]江戸中期の狂歌師。江戸の人。本名、斯波孟雅(しばたけまさ)。通称、三河屋半兵衛。書籍商で、狂歌集「初笑不琢玉(はつわらいみがかぬたま)」を発刊。入れ花の制度を創始したといわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜辺黒人 はまべの-くろひと

1717-1790 江戸時代中期の狂歌師。
享保(きょうほう)2年生まれ。江戸本芝の本屋の主人で,芝浜連の頭目として活躍。狂歌を募集してすり物にのせ,入花(いればな)料(点料)をとることをはじめた。寛政2年5月18日死去。74歳。本名は斯波孟雅(しば-たけまさ)。通称は三河屋半兵衛。号は桃翁。編著に「狂歌栗(くり)の下風」「初笑不琢玉(はつわらいみがかぬたま)」。
【格言など】黒人が黄色の人にならんとて浜辺をすてて川岸へゆく(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浜辺黒人

没年:寛政2.5.18(1790.6.30)
生年:享保2(1717)
江戸時代の狂歌作者。本名は斯波孟雅,通称は三河屋半兵衛。狂名は色黒であったことによる。江戸本芝2丁目で本屋を営み,狂歌熱の高まりはじめた安永8(1779)年ごろ,狂歌を募集し,入選歌を摺り物にして出し,その版木代を「入花料」として徴収した。これは江戸狂歌の点料の最初のものといわれる。その摺り物を集めて天明2(1782)年に『栗の下風』と『初笑不琢玉』を刊行。作者層は,いまだ上方狂歌の系統を引く芝方面の僧侶が多かったが,黒人自身は先駆者として天明狂歌壇に参加,多くの集に歌がみえる。『徳和歌後万載集』に収められた「ほととぎす富士と筑波の天秤に両国橋をかけたかとなく」がよく知られている。

(園田豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまべのくろひと【浜辺黒人】

1717‐90(享保2‐寛政2)
江戸中期の狂歌師。本名は斯波孟雅(しばたけまさ)。通称は三河屋半兵衛。江戸本芝2丁目の本屋。芝浜連の頭目として活躍,天明狂歌最初の版本《初笑不琢玉(はつわらいみがかぬたま)》や《狂歌栗の下風》を刊行し,また狂歌書にはじめて彫刻料・入花料をとるなど職業的狂歌師の道をひらいた。〈大黒を盗んで福を得手勝手人の心の浅草の市〉(《狂歌才蔵集》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はまべのくろひと【浜辺黒人】

1717~1790) 江戸中期の狂歌師。本名、斯波孟雅たけまさ。通称、三河屋半兵衛。江戸本芝の本屋。入花にゆうかの制度の創始者ともいわれる。著「初笑不琢玉はつわらいみがかぬたま」「狂歌栗の下風」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone