コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浴びせる アビセル

2件 の用語解説(浴びせるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あび・せる【浴びせる】

[動サ下一][文]あび・す[サ下二]
物を上から注ぎかけるようにする。
㋐水・湯などを勢いよくかける。「熱湯を―・せる」
㋑細かいものや光などを一面に降り注ぐ。「砲弾を―・せる」「いきなりライトを―・せる」
㋒相撲で、相手にからだをのしかける。「体(たい)を―・せる」
打撃を与えるような、ある行為を仕掛ける。「一太刀(ひとたち)―・せる」「パンチを―・せる」
感情的な言葉や質問などを続けざまに投げかける。「非難を―・せる」「優勝力士に質問を―・せる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あびせる【浴びせる】

( 動下一 ) [文] サ下二 あび・す
水などを大量に、相手の体に勢いよくかける。比喩的にも用いる。 「頭から冷水を-・せる」
たくさんの細かいものを相手の体全体にかける。また、打撃を与える。 「トラックがほこりを-・せて走り去る」 「集中砲火を-・せる」 「一太刀ひとたち-・せる」
相手に対し集中的に非難・賞賛や質問の言葉を発する。 「罵詈雑言ばりぞうごんを-・せる」 「記者会見で質問を-・せる」 〔古くは「あぶす」。「浴びる」に対する他動詞〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浴びせるの関連情報