コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の中道海浜公園

デジタル大辞泉プラスの解説

海の中道海浜公園

福岡県福岡市東区にあるレジャースポット。1972年に返還されたアメリカ軍博多基地の跡地に建設された総合公園で、博多市街に海を挟んで向かいあう陸繋砂州に位置し、自然体験エリアリゾートエリア、玄界灘エリアなど、エリアごとにさまざまな施設を備える。遊園地、レジャープール、動物園、水族館野外劇場、植物園、芝生の広場などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海の中道海浜公園
うみのなかみちかいひんこうえん

福岡市東区にある海ノ中道に造成された国営公園。1976年(昭和51)都市公園法の改正により、自然公園都市公園の機能をあわせもつ公園として日本で初めて建設された(国営公園としては全国で5番目)。1972年アメリカ軍から返還された博多(はかた)基地跡地を利用した計画総面積539.4ヘクタールの大規模な公園である。1981年に一部開園。その後整備を順次進め、2011年(平成23)には海の松原などが完成し、開園面積約290ヘクタールとなった。
 公園全体は、テーマ別に七つのエリアに分けられている。具体的には、フラワーミュージアムやバラ園がある「花のエリア」、芝生広場が広がる「芝生のエリア」、自然や動物と親しめる「自然体験エリア」、遊園地施設やプールがある「遊びのエリア」、ドッグランやデイキャンプ場がつくられた「博多湾エリア」、展望台や遊歩道がある「玄界灘(げんかいなだ)エリア」、水族館や宿泊施設がある「リゾートエリア」である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海の中道海浜公園の関連情報