コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海軍陸戦隊 かいぐんりくせんたい

4件 の用語解説(海軍陸戦隊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海軍陸戦隊
かいぐんりくせんたい

旧日本海軍で独力,あるいは陸軍と協力して,陸上戦闘を行うために組織した部隊。口径の小さな砲しかもたない軽装備の部隊であった。一般に艦船の乗員で編成されるが,特別陸戦隊として最初から固有編制の陸上部隊もあり,アメリカイギリスなどの海兵隊に相当する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいぐんりくせんたい【海軍陸戦隊】

旧海軍の陸上戦闘部隊。戦時・事変に際して居留民の保護、陸軍の上陸掩護、局地の一時占領、海陸交通保護などを任務とした。陸戦隊。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海軍陸戦隊
かいぐんりくせんたい

旧日本海軍における陸上戦闘部隊。日本の権益の保護や上陸戦闘、要地の占領などにあたる。各艦船の乗員によって編制されるもののほか、固有の任務をもった特別陸戦隊や連合特別陸戦隊があった。1900年(明治33)の北清(ほくしん)事変(義和団事件)や第一次世界大戦の青島(チンタオ)攻略戦、32年(昭和7)の上海(シャンハイ)事変などに出動し、とくに上海事変では、中国軍との間に激烈な市街戦を展開して有名となった。[吉田 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海軍陸戦隊の関連情報