海軍陸戦隊(読み)かいぐんりくせんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海軍陸戦隊
かいぐんりくせんたい

旧日本海軍独力,あるいは陸軍と協力して,陸上戦闘を行うために組織した部隊口径の小さな砲しかもたない軽装備の部隊であった。一般に艦船乗員で編成されるが,特別陸戦隊として最初から固有編制の陸上部隊もあり,アメリカイギリスなどの海兵隊に相当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいぐん‐りくせんたい【海軍陸戦隊】

海軍が陸上戦闘などのために編成した部隊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいぐんりくせんたい【海軍陸戦隊】

旧海軍の陸上戦闘部隊。戦時・事変に際して居留民の保護、陸軍の上陸掩護、局地の一時占領、海陸交通保護などを任務とした。陸戦隊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海軍陸戦隊
かいぐんりくせんたい

旧日本海軍における陸上戦闘部隊。日本の権益の保護や上陸戦闘、要地の占領などにあたる。各艦船の乗員によって編制されるもののほか、固有の任務をもった特別陸戦隊や連合特別陸戦隊があった。1900年(明治33)の北清(ほくしん)事変(義和団事件)や第一次世界大戦の青島(チンタオ)攻略戦、32年(昭和7)の上海(シャンハイ)事変などに出動し、とくに上海事変では、中国軍との間に激烈な市街戦を展開して有名となった。[吉田 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かいぐん‐りくせんたい【海軍陸戦隊】

〘名〙 旧日本海軍で、陸上の戦闘に当たるために、海軍の将兵で編成した軍隊。陸軍の上陸の掩護や、海陸交通保護などを任務とした。
楡家の人びと(1964)〈北杜夫〉二「駐支海軍陸戦隊 米、引揚げを考慮中」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海軍陸戦隊の関連情報