コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海游録 かいゆうろく

1件 の用語解説(海游録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいゆうろく【海游録】

1719年(享保4),徳川吉宗の将軍職襲位を賀す朝鮮通信使(正使洪致中)の製述官申維翰の日本紀行文。内容は日本の自然,物産,文物,制度,人情,世相,風俗の観察から,対馬藩真文役雨森芳洲,大学頭林信篤などとの筆談にまで及ぶ。日本では人材登用において科挙制がなく世襲であるとか,男女関係および士庶間の階層的名分があいまいであるなど,日本の文化と風俗にたいする儒者の眼からのしんらつな批判がある。江戸時代12回にわたる朝鮮通信使の日本紀行文は,現在確認されたもの23冊に及ぶが,本書はそのうちの白眉である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海游録の関連キーワード元文米将軍田安一橋お梅の方(2)お須摩の方理子女王渋谷良信浄円院宗義誠

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone