コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老原穆 えびはら ぼく

3件 の用語解説(海老原穆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海老原穆 えびはら-ぼく

1830-1901 明治時代のジャーナリスト。
文政13年1月3日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士として戊辰(ぼしん)戦争に従軍。明治4年陸軍大尉。5年愛知県官吏となったが辞職。8年「評論新聞」を創刊し政府を批判。9年発禁となり,「中外評論」「文明新誌」と改題。10年東京で西南戦争に呼応しようとして懲役刑をうけた。明治34年6月死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

海老原穆

没年:明治34.6(1901)
生年:天保1.1.3(1830.1.27)
明治時代新聞記者。旧薩摩藩士。戊辰戦争の功績によって陸軍大尉,愛知県7等出仕。明治6(1873)年西郷隆盛が征韓論に敗れて下野するや,これと共に辞職。『評論新聞』を創刊した。8年,集思社を起こし,横瀬文彦,小松原英太郎らと共に,過激な自由民権論と国権拡張論を唱え,『評論新聞』はたびたび筆禍を受けた。西南戦争(1877)に呼応し,東京で事を起こそうとしたが,未然に計画がもれ,逮捕され,懲役刑を受けた。民権論と国権論を混然とした自由民権運動初期の典型的言論人である。『評論新聞』は『明治文化全集』に復刻されている。

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えびはらぼく【海老原穆】

1830‐1901(天保1‐明治34)
士族民権家。薩摩国生れ。同藩士として戊辰戦争に従軍し戦功をあげ,1871年桐野利秋に従って上京し陸軍大尉に任官。翌年愛知県官となったが73年下野。75年3月集思社を設立して《評論新聞》を創刊,小松原英太郎,末広鉄腸宮崎八郎らを客員として征韓論と民権論を激越に唱えた。76年7月発禁処分にあうと《中外評論》と改題して発行,それがまた10月発禁処分にあうと《文明新誌》を発行し,政府の弾圧に抗した。しかし77年5月西南戦争に関し各地の暴動を教唆したとして拘引され,12月懲役1年に処せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の海老原穆の言及

【評論新聞】より

…西郷隆盛配下の旧薩摩藩士海老原穆(ぼく)が設立した集思社(前身は集思堂)の機関誌。1873年1月,日本で最初の評論雑誌として創刊されたが,反政府的論調のため翌月には発行禁止となる。…

※「海老原穆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海老原穆の関連キーワード島津正長森川青坡柏原貞湖天保俳諧文庫青木角蔵鶴沢清六(2代)広江紋次郎本多忠明國益

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone