コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海軍砲 かいぐんほう

1件 の用語解説(海軍砲の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

海軍砲【かいぐんほう】

艦船に装備して,敵艦,海岸要塞(ようさい)など防御性の強いものを破壊するのを目的とする火砲。初速の大きいカノン砲を使用し,口径は艦の大小により8〜40cm,日本の戦艦大和・武蔵は46cm砲を装備した。
→関連項目大砲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

海軍砲の関連キーワード要塞工作船搭載爆沈要塞地帯サグレス要塞サミュエル要塞サムイル要塞マリエンベルク要塞要塞化大理石

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海軍砲の関連情報