(読み)シン

  • こ・む
  • したし
  • しと・む
  • ひたし
  • 浸・
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自マ四〙 水が入りこむ。水びたしになる。こみ入る。しみこむ。多く田についていう。
書紀(720)安閑元年七月辛巳(寛文版訓)「此の田は天(ひて)り旱するに漑(水まか)せ難く水潦(いさら水)するに浸(コミ)易し」
〘名〙 (「ひたし」の変化した語) 野菜をゆでて、しょうゆや酢などで食べる料理。したしもの。ひたし。ひたしもの。おしたし。
※浄瑠璃・菅原伝授手習鑑(1746)三「けふの祝ひの浸(シタシ)にと嫁菜蒲公二人の仕業」
〘自マ四〙 水などにつかる。また、水などがしみこむ。ひたる。
平家(13C前)四「馬のかしら沈まばひきあげよ。〈〉水しとまば、三頭(さんづ)のうへに乗りかかれ」
〘名〙 (動詞「ひたす(浸)」の連用形の名詞化) 青菜などをゆでて、しょうゆなどをかけてひたしたもの。→おひたし

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浸の関連情報