涎掛(読み)よだれかけ

精選版 日本国語大辞典の解説

よだれ‐かけ【涎掛】

〘名〙
① よだれなどで衣服の汚れるのを防ぐために、幼児などの頤(あご)の下に掛ける布。
※壒嚢鈔(1445‐46)三「赤子によたれかけと云物あり」
② 咽喉(のど)の防御具。喉輪(のどわ)。よだれがね。よだりかけ。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「次武具事。〈略〉半首。唾懸」
③ 和船の帆柱にかける筈緒(はずお)の上部につけ帆布が筈緒に摺れるのを防ぐもの。蛇袋(じゃぶくろ)・二布・うなぎの皮などともいう。帆摺(ほずれ)。〔和漢船用集(1766)〕
④ 垂木の鼻または切妻に取りつけた垂れ板飾り。瓔珞(ようらく)
⑤ イソギンポ科の海産魚。全長約一〇センチメートル。岩礁海岸の潮上帯や飛沫帯にすむ。沖縄以南、インドネシアまで分布する。

よだり‐かけ【涎掛】

※釈日本紀(1274‐1301)一三「頸鎧 〈略〉兼方案之、頸鎧者、俗号与多利加気之物也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よだれ‐かけ【×涎掛(け)】

よだれが垂れて衣服が汚れるのを防ぐため、幼児の首に掛ける布。
垂木の先や切妻につけた垂れ板飾り。
のどを保護するための武具。形が1に似る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android