コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清宮質文 せいみやなおぶみ

2件 の用語解説(清宮質文の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

清宮質文【せいみやなおぶみ】

版画家。東京生れ。東京美術学校卒。工業学校教師,デザイン会社勤務等を経る。1957年春陽会会員となり,翌年初個展を開催。多色木版,水彩,ガラス絵などの作品があるが,茫洋とした風景のなかに幽霊のような形象がいる作風は,ノスタルジックな趣をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清宮質文 せいみや-なおぶみ

1917-1991 昭和-平成時代の版画家。
大正6年6月26日生まれ。清宮彬(ひとし)の子。商業デザイナーなどをへて木版画をはじめ,昭和32年春陽会会員となる。東京,リュブリャナの国際版画ビエンナーレ展などに招待出品をかさねる。平成3年5月11日死去。73歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清宮質文の関連情報