コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清宮質文 せいみやなおぶみ

2件 の用語解説(清宮質文の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

清宮質文【せいみやなおぶみ】

版画家。東京生れ。東京美術学校卒。工業学校教師,デザイン会社勤務等を経る。1957年春陽会会員となり,翌年初個展を開催。多色木版,水彩,ガラス絵などの作品があるが,茫洋とした風景のなかに幽霊のような形象がいる作風は,ノスタルジックな趣をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清宮質文 せいみや-なおぶみ

1917-1991 昭和-平成時代の版画家。
大正6年6月26日生まれ。清宮彬(ひとし)の子。商業デザイナーなどをへて木版画をはじめ,昭和32年春陽会会員となる。東京,リュブリャナの国際版画ビエンナーレ展などに招待出品をかさねる。平成3年5月11日死去。73歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清宮質文の関連キーワード畦地梅太郎小野忠重中林忠良飯野農夫也伊藤勉黄斎藤カオル菅野陽橋本興家馬淵聖南桂子

清宮質文の関連情報