清帳(読み)セイチョウ

大辞林 第三版の解説

せいちょう【清帳】

江戸時代、清書された帳簿。
「清帳紙」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清帳
せいちょう

江戸時代に、年貢米(ねんぐまい)を御蔵へ納入する際に諸入費を書き記した勘定帳や、検地の基礎となる項目を記入した帳簿(清野(せいの)帳ともいう)のこと。またこれに使用された紙もさすようになった。コウゾ(楮)を原料としたじょうぶな和紙で、のちに諸帳簿類のほか合羽(かっぱ)の地紙などにも用いられ、土佐(高知県)、石見(いわみ)(島根県)などが名産地であった。縦31センチメートル、横45センチメートルが標準で、48枚を1帖(じょう)、10帖を1束(そく)、10束を1丸(まる)とした。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android